本気の製本やってます

製本のご案内

  • 上製本
  • 並製本
  • PUR製本
  • 和製本・手帳製本
  • 修理修復・合本製本
  • 挿絵
上製本 《ハードカバー》
 ハードカバーの「上製本」は、重厚で格調高く書籍を仕立てる製本方法です。 耐久性に優れ、長期の保存にも耐えられます。永きにわたって読み継がれる社史や記念誌のほか、 美術本、写真集、図鑑等の出版物、研究論文集、自費出版などの特別な1冊に最適な製本です。  上製本はハードカバーとも呼ばれ、表紙と本文がそれぞれ独立した作りになっており、本文を芯紙の入った厚手の表紙でくるむ製本です。「糸かがり」や「アジロ綴じ」でしっかりと綴じられた本文を見返しを介して表紙に接着、背には丸背と角背の2種類があります。表紙の素材は布クロスを貼って箔押しをしたり、印刷紙を貼ったりします。表紙と本文の大きさが違うのが特長です。
上製本 《ハードカバー》
並製本 《無線綴じ、糸かがり》
 手軽で親しみやすく、手に取りやすい書籍や小冊子、パンフレット、または契約書等に適した製本方法です。ソフトカバーとも呼ばれる並製本は、別仕立てのくるみ表紙を上製本と比べて簡素に仕立て、コストと製造時間をコンパクトに抑えられるのが大きな特徴です。  並製本はソフトカバーとも呼ばれ、ホットメルト接着剤を使用し、「無線」や「糸かがり」で綴じられた本文と表紙を同時にくるみ、三方を仕上げ裁ちする製本です。表紙と中身は同じ大きさで、上製本と異なり芯紙を使用せず1枚の紙で仕上げます。背は角背のみで、上製本に比べ工程・資材が簡略化されているため、加工時間・コストとも低く抑えられます。
並製本 《無線綴じ、糸かがり》
PUR製本 《福岡地区では唯一》さらに詳しく見る
 従来の製本加工では難しかった広開度の開きや、塗工量やオイルの多い印刷物の無線綴じ製本を実現しました。辞書や図鑑、お料理のレシピ本、楽譜などの本、写真集や絵本のように何度も読み返し壊れやすい本、オイルの影響を受けないしなやかなで強い接着力がオンデマンド印刷に最適です。またPUR接着剤は古紙リサイクル時にパルプとの分離性が良く、接着剤が再生紙に溶け込むことがないので、環境面でも優れた特徴を備えています。  PUR製本とは、空気と紙の中に含まれる水分と化学反応を起こし硬化するPUR接着剤を背加工処理に使用した製本方法です。PUR接着剤は耐熱耐寒性・柔軟性に優れ、強力な接着性能があるので1冊当たりの塗布量をかなり少なくする事が可能になり、その結果「開きが良く、しなやかで丈夫な高品位な本」づくりを可能にする事ができます。またオイルやインクに影響されないため、需要が拡大するオンデマンド印刷や塗工量の多い印刷物の無線とじ製本に最適です。
PUR製本 《福岡地区では唯一》
和製本・手帳製本
 日本の伝統的な製本技術「和製本」綴じと折りの様々な技でご要望どうりの和本を仕立てます。また、各種手帳をはじめ、特殊サイズ、デザイン本、特殊加工の分野でも数多くの実績と経験を重ね、ノウハウとアイディアで様々なご要望にお応えします。  和製本とは、日本特有の製本法で一冊ごと熟練職人による手づくりです。和本・経本・朱印帳・折本・函(はこ)と帙(ちつ)など、ご要望に応じて仕立てます。  手帳製本とは、きわめて精度の高い技術を要する製本です。断ち、折り、丁合、綴じ、固め、貼り、巻き、均しの全てが正確に加工されてはじめて曲がりやふくらみの無い美しく開きの良い製品が仕上がります。
和製本・手帳製本
修理修復・合本製本
 剥がれたり、切れたり、破れたり。壊れた本を修理修復します。大切な本を美しく仕立て直します。また合本製本では複数の小冊子や書籍、書類を表紙でくるみ一冊の本へと仕立てます。題字の箔押し等ご要望に応じた装飾も可能です。  利用頻度が高く、破損してしまった書籍や愛着や思い出が詰まった辞書や記念誌など、永い年月に耐えるよう、長年磨いてきた製本技術を活かして丁寧に修理修復します。また、書棚に無造作に積まれた定期刊行誌、学術雑誌、テキストなどの小冊子、バラのままでは利用も保管もしづらい書籍や書類を長期保存や利用しやすいよう一冊の本に合本製本します。
修理修復・合本製本

PAGE TOP